大阪府富田林市にある漢方薬局【はな薬局】頭痛・腰痛・生理痛等の健康相談、ホメオパシーセッション、ファスティングまで、はな薬局ではお客様が『なりたい自分になる』お手伝いを、漢方相談による解決方法でご提案させていただきます

RSS

抗がん剤3回目


2回目同様70%です。
お医者さん曰く
『まぁ慣れもあるからね。
再発した時のことを考える
と副作用で使えない抗がん
剤を増やしたくない。』と。

が、しかし!やってみての
あくまで私のですが…

“慣れ”なんてないがなぁ~!
ですね 笑

今回ははじめて血管痛があ
りました。

点滴中からあったのですが
まぁ我慢できんほどでない
かなと…と思い返せば初回
から痛かったですね 笑
で我慢してそのまま点滴を
終えました。

が、痛み続くんですねぇ…。
腕曲げても痛い、お水使う
のに腕まくりするのも痛い
、そちらを下に横にもなれ
ずです。
腕に力に入れても痛いので
力入れられないです。
お鍋持とうとしたら落とし
ます。

血管痛は副作用でもたいし
たことないと思ってたんで
すがまぁまぁ支障出るし地
味に辛かった…笑

すぐの副作用はまぁ同じで
2日目ええかな?と思った
のは一瞬のことでムカつき
少々が残ったまま微熱続き

まぁとにかくダルい!
横になってるしかなくて横
になってるけどダルい。

3日目でようやく食べなけ
れば!と気力奮い立たせて
再び果物のちょびちょび食
いスタート笑
今回は姉が居てくれたので
大変ありがたかった~(T_T)

4日目から白粥はじめて復
食して今回も営業再開まで
に普通食まで戻せました。

2回目までとの違いはやっ
ぱり回復がすっといかない
ことですね。
ちょっと楽かな?と思って
もだるさがぶり返すという
のかとれきれない感じです。

体力、筋力落とさないよう
にとなるだけ早くにストレ
ッチ、軽い筋トレ等するよ
うに心がけていたり皮膚症
状(見た目やっぱりキレイ
でいたいので笑)なるだけ
抑えられるようにスキンケ
アするようにしていたので
すが3回目はなかなかそこ
までする気力体力が出なく
て…笑

人によっては場合によって
は1クールの間隔考えない
とだめですよね。
検査値だけでの評価ではな
くて…。

検査値は今回も基準値内。
体の栄養状態をみる総タン
パク、アルブミンはジリジ
リ下がってますが基準値内
なのでDr.からの指摘はなし
ですね。

抗がん剤につきものの口内
炎は今回もなしです。
バンフォリンええなぁやっ
ぱり。

病院の薬は抗がん剤のみ。
自分ではバンフォリン、シ
ョーキ、紫霊芝、椎茸菌糸
の商品、サポニン、漢方薬、
レメディは前回同様継続、
今回はTCに変更かなと思っ
ていたので紅豆杉を追加し
ていました。

今回は処方変更、今回で終
了と考えていたのですが結
局再度同じ処方で受けまし
た。

Dr.とのかけあいはなかなか
むずかしいですね。

Dr.の見解、提案も理解でき
るしもちろんそちらが良い
点もあります。

だけどこれが正解!というの
がない問答なのでそれなり
に知識があって自分の希望
もしっかり持っているつも
りでもあくまで“つもり”で
わからないものの前に立つ
と不安や迷いが出てきます。

そんな中で決めていくのは
難しいものですね。

「慣れ」って何や?という
疑問も持ちました。
慣れるほどの量、回数の抗
がん剤ってどうなんだろう
か?と…。
あくまで私の疑問ですが。

生理についての話もありま
した。

抗がん剤始めてからも周期
そのままで生理あります。
それに関してDr.は「子宮は
抗がん剤の影響受けてない
ね。」
とのことだったのですがそ
んなことないです。

経血の色も質感も変わって
ます。
月経周期はそのままですが
腰痛だったり頻尿気味だっ
たりと“腎”の症状が初回か
ら出てきているので「子
宮は影響受けてない」な
んてことはないです。

便は7日目に戻りました。
やはりはじめは硬めでした
が復食に果物の期間を一日
長くしてみたら前回ほどの
痔にはならずにすみました
^_^

2022-04-15 08:10:01

抗がん剤2回目と3回目の間は


2回目は消化器系の備えを
しっかりしたので粘膜のダ
メージが1回目よりうんと
軽減でき(嘔吐が治まった
後の痛みや逆流性食道炎様
の症状がなかった、口内炎
ができなかった)たので
復食が2〜3日早いペースで
でき1回目よりももう少し
体力回復できたように感じ
ます。

1回目の反省で追加したバ
ンフォリンはとても良かっ
たです。
苦くないですが不味くてで
もそれ以上にいい働きをし
てくれました。
引続き継続しています 笑

だるさや筋肉痛は2週間は
まぁまぁ感じました。

お店が休みの日はぐったり
してたのでやはり普段より
は体力ないんだなぁと思い
ました。

つめや肌の変色は広がって
いってます。

まつ毛は残ってますが、
目の痒み、乾き、涙、痛み
、やたらに何かが目に入っ
てくる感じからすると少な
くなっているみたい…。

できもの、湿疹はなくなり
はしませんが、化膿、腫れ、
痛み、赤みは 金銀花 を
のんで治まりました。

爪周りの荒れも繰返しで紫
雲膏をほんとにマメに塗っ
て痛いなと思って1〜2日で
治ってという感じです。

が、肌のカサカサは保湿剤
も塗ってますがましです。
これはやっぱり1回目より
食べれているからかなと思
ってます。
多少なりとも血を作れてい
るのだろうと。

とはいえ、家族には
『細っやっぱり痩せてるな
ぁ』とは言われてしまって
ますが…笑

なんか全体的に痩せていて
ぱっと見ではわからないと
姉が言うてます。
やつれてはないそうです笑

2回目終えてからの色々を
考えると消化器系、粘膜の
保護が全てに影響している
な、大事だなと思いました。

2022-04-14 07:54:01

プラム


プラムってなんとなく素敵
な感じがしません?笑
私だけですかね?

素敵な感じはするけどどう
食べたらいいのかイマイチ
わからん…笑

プルーンやすもも、杏や梅
のことをまとめてプラムと
呼んでいたり、プルーンの
ことだったり実は色々なん
ですが…笑

となると何となくイメージ
湧いてきましたかね?^_^

食物繊維豊富でお通じに良
い!

フィトケミカルも豊富でア
ンチエイジングにも!

漢方的に言うと『補肝血、
利気』に働いてくれます。

生でももちろん食べられ
ますし干すと甘みがグッ
と出ます。

ジャムやお酒にして少し
ずつ摂るのもいいですね
ぇ~。

ちょっとプラムを身近に
感じてもらえるとうれし
いです。

これはグーグルさんから
もらった知識ですが笑
販売してるものを選ぶ時
は“白い粉が表面を覆って
いるもの”が新鮮らしいで
す!

2022-04-12 07:44:01

血虚なのでね


抗がん剤の副作用は『血
虚』によるところも多い
です。

皮膚の乾燥、痒み、角化、
爪の脆弱化、目の乾燥、
眼精疲労、不眠などやや
もすると「我慢せい!」
「たいしたこと違う」と
言われてしまいがちな症
状かもしれませんが

放っておくと病院的に言
う貧血症状が出てきます。

めまい、立ちくらみ、吐き
気、倦怠感…
検査値に出てきてやっと貧
血と認定されてからでは遅
い!そんなことになる前に
体は色んなサインを出して
いるのに…。

心も不安定になり、不安や
悲しさ、やりきれなさなど
落ち込みがちにもなります。

もともと癌や治療や抗がん
剤やと嫌なこと満載ですか
らね。

そこへ『血虚』で追い打ち
されちゃいます。

私も落ち込んでる時はあり
ます。

しんどいししんどいししん
どいし…
食べなあかんと思うのに食
べれないし…
次の営業再開までに回復で
きるのかな…とか

落ち込みますし不安になり
ます。

だけど復活してます 笑

体力の回復にも心の回復に
も『血』が大切です。

しんどいけど食べるのも辛
いけど、いいモノ食べまし
ょう!!!

少ししか食べれないけどそ
れでもいいモノを口にしま
しょう!!!

まずは食べれるものを食べ
はじめることが一番ですが
復食し始めたらいいモノを
食べていきましょう。

カロリー、タンパク質など
もちろん大事です!
だけどそれだけじゃなくて
食事は見直してみて下さい
m(_ _)m

ぜひ食事は見直してみて!

2022-03-29 07:44:01

春の気鬱


気持ちの落込みが激しい。
特に生理の前から。

体と気持ちのバランスが
とれない?ような…。

やる気にならない。
動けない。
どこが悪いのかわからない
けどしんどい。
などなど

の不調の声が増えています。

たちくらみ、胃腸の不調、
頭痛、吐き気、血圧の変動
といった症状が現れる方も
多いです。

春は“肝”の季節。
陰陽のバランスが入れ替る
季節。
環境など変化の多い季節。
気圧の変動が激しい季節。
気温の変動も激しい季節。

春は自律神経の調整がな
かなかうまくいかないん
ですよね。

加齢、ストレス、疲労、ホ
ルモンバランスの乱れなど
があるとよりいっそうです。

肝気の巡りをよくして、肝
を緩めていきましょう^_^

朝はちょっとダルくてもち
ゃんと起きて特にお天気の
良い日はたっぷり朝日をあ
び陽気をもらいつつ深呼吸
です。

ストレッチで筋肉も弛めま
しょう。

夜はゆっくりお風呂につか
って力の入った体をほぐし
ます。
好みの香りの入浴剤を入れ
るのもオススメです。

あんまりひどくなる前にぜ
ひご相談下さいませ 
m(_ _)m

2022-03-26 07:47:01

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次へ