大阪府富田林市にある漢方薬局【はな薬局】頭痛・腰痛・生理痛等の健康相談、ホメオパシーセッション、ファスティングまで、はな薬局ではお客様が『なりたい自分になる』お手伝いを、漢方相談による解決方法でご提案させていただきます

RSS

続 疲労物質


疲労物質は、肉体疲労や精神疲労以外にも、添加物や紫外線など環境のストレスでも作られますので、疲労物質を作らないようにするのは、なかなか難しいです。
それなら、できた疲労物質を、早く処理する、溜めない体作りをしていきましょう。

疲労物質も体内で作られますが、この疲労物質を除去してくれる、抗酸化物質や抗炎症物質も体内で作られます。
そして、これらの物質を作る主な場所は肝臓です。

疲れない体作りには、まず、肝臓のケアが大切です。
そして、肝で作られるこれらの物質のもととなる必須アミノ酸は、体内では作られません。良質なタンパク質をしっかり摂るようにしましょう。
そして、もう一つ大事なのが、睡眠です。
睡眠に関わるホルモン「メラトニン」にも、強い抗酸化作用があります。

2018-02-01 17:31:22

疲労物質


免疫についての勉強会に行ってきました。
その中で、疲労についてという項目がありました。

私たちは、体内に疲労物質が溜まって、疲れているよというサインを脳が受取ることで、疲れたと感じます。
体内に溜まる疲労物質は、酸化物質と炎症物質です。
この疲労物質は、肉体疲労時だけでなく、精神的な疲労時(ストレス時)にも、作られます。
これらの疲労物質は、以前紹介した幸せホルモンのセロトニンの合成を阻害します。
過度の肉体疲労が続けば、心も不安定になることや、心が不安定になれば、身体も辛くなり、健康を害することがあるのは、こういった関係性からも当然ですよね。

疲労物資を作らないように、溜めないようにしていきたいですね。 続く…
2018-01-29 13:44:50

続 幸せホルモンを増やそう


幸せホルモンを増やすのに、もう1ついい方法があります。
それは、腸内環境を整えることです。
幸せホルモンのセロトニンは、脳内で作られるのですが、このセロトニンのもととなる物質を作って、脳へ届けてくれるのは、『腸内細菌』です。
また、腸にも腸のセロトニンがあり、腸内細菌たちの間での情報伝達に使われています。この腸内のセロトニンの量は、脳で『幸せホルモン セロトニン』が作られる量に関わっています。
幸せホルモン セロトニンを増やすには、腸内環境を整えるのに、手軽でおすすめなのが、『乳酸菌生成エキス』です。
1日1本(10ml)お好きなタイミングで飲むだけです。
腸をキレイにして、心も体も健康に、美しくなりましょう。
2018-01-27 10:42:01

幸せホルモンを増やそう 後編



幸せホルモン「エストロゲン」は、更年期になると、減少していきます。
しっかり分泌されていると、HAPPYなのですから、減ってしまうと…。

エストロゲンの減少は、ほてり、冷え、不眠、めまい、しみ、しわ、むくみ、イライラ…、その他にも、さまざまな不調と関わっています。

エストロゲンと似た働きをするものに「大豆イソフラボン」があります。
大豆イソフラボンは、やさしくホルモンのバランスを整えてくれます。
このイソフラボンを手軽に摂れるのが「ファイトロゲン」です。
ファイトロゲンには、自律神経を調節する働きを持つキノコの成分「チャーガ」も含まれていますので、女性のお悩みの解消におすすめです。

2018-01-25 12:11:02

幸せホルモンを増やそう 前編


キラキラしている人は、幸せホルモンがうまく分泌されています。
いくつかのホルモンが、幸せホルモンと呼ばれていますが、エストロゲン(女性ホルモン)も、その1つです。
エストロゲンは、ときめくと、分泌が活発になります。
エストロゲンが増えると、もう1つの幸せホルモン「セロトニン」も増えます。
心も体もお肌も、ウキウキで、魅力倍増間違いなしです!

逆に、エストロゲンが少ないと、心と体の不調につながります。
続きは、後編へ。

2018-01-23 12:02:01

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 次へ