大阪府富田林市にある漢方薬局【はな薬局】頭痛・腰痛・生理痛等の健康相談、ホメオパシーセッション、ファスティングまで、はな薬局ではお客様が『なりたい自分になる』お手伝いを、漢方相談による解決方法でご提案させていただきます

RSS

冬の養生 早寝、遅起き


冬は陽気が少なく陰気が多
くなる季節です。

太陽が上る前の時間は陰が
とても強く体を冷やす時間
です。

夜更かしは血・陰を消耗し
ます。
夜は血を作る時間で血は睡
眠中によく作られます。

冬は早寝、遅起きがおすす
めです。

朝早くに起きなければなら
ない場合はできるだけ温か
くしましょう。

黒ごま、黒豆、海藻などの
黒い食材は血を作るほか、
腎の働きを助けます。

冬にはしっかり摂っておき
たい食材です。
2020-11-28 09:56:51

冬の養生 冷やさない


冬は冷えからのトラブルが
多いです。

冬の養生の1番はまず体を
温める、冷やさない、冷え
たらそのままにせずきちん
と冷えをとることです。

まずは冷えから守る。

首・腰・足首は特に冷やさ
ないように気をつけましょ
う。

着込み過ぎて汗をかくとそ
の汗でかえって体を冷やし
ます。
その場に合った防寒を心が
けましょう。

飲み物、食べ物は温かいも
のを。

体の内側から温めるにはや
はり食べるものが大事です。

他にも
半身浴やマッサージなどで
血行をよくすることも体を
あたためます。

体を温める食材としては

お肉なら羊肉や鶏肉、エ
ビ、にら、玉ねぎ、くる
み、かぼちゃなどもおす
すめです。
スパイス類も上手に利用
しましょう。

手足先の冷えにはシナモ
ン、冷えからの痛みには
シナモンの他にも紅花や
よもぎなどもよいです。
2020-11-27 10:10:11

寒さは巡りを悪くする


寒いと体にキュッと力がは
いりますよね?

そうすると詰まった感じも
しますよね?

寒さはいろんな詰まりを生
み出します。

滞りですね。
「気滞」「水滞」「瘀血」
寒さは巡りを悪くするので
す。

虚血性心疾患が起こりやす
くなるのもそのせいです。

冬は寒さ対策が大切です。

今年はまだ暖かい日もあり
ますし気温的にはそう低く
ないかもしれないのですが
急な冷え込みもあり急な気
温差は実際の気温よりも寒
さを感じやすいこともあり
ます。

油断していて体を冷やして
まわないように気を付けま
しょう。

杜仲茶やシナモン紅茶など
体を温めて巡りを整えるよ
うなお茶を習慣にするのも
おすすめです。
2020-11-26 11:43:44

春みたいな秋


ここ数日は暖かい日が続き
ました。

暖かいを通り越して暑いと
感じた方も多かったかもし
れませんね。

上からの熱は熱く地面は冷
たい…なんだか春のような…

目元がピクピク
フワフワとめまいが…
など

体の不調もなんだか春によ
く聞く不調っぽい方が多く
居られました。

来週は寒さが戻ってくるよ
うです。

春・秋に共通していること
は自律神経の乱れが生じや
すいことです。

寒かったり暖かかったり目
まぐるしく変わると暖かい
から調子が良いという感じ
でもないですし暖かい後の
急な寒さは調子を崩しやす
いです。

気になる不調があればぜひ
早めにご相談下さい!

2020-11-21 13:24:53

冬はトイレの回数が増える


寒くなってくるとトイレの
回数が増えて尿の量も多く
感じますよね?

これは夏ほど汗をかかず水
分の排泄が尿に頼ってしま
うからです。

冬に活躍する臓は“腎”です。

腎は尿を作って排泄する働
きもしています。

冬に活躍するというか忙し
い臓が“腎”なのです。

夏よりトイレの回数が多く
ても色の薄い尿がしっかり
出ていれば健康です。

もよおすのに出にくい、少
量しかでなくてすっきりし
ない、排尿時に痛みや違和
感がある、血が混じるなど
は腎に不調が起こっている
かもしれませんので長く放
置せずにご相談下さい。

「寒いからすぐトイレに行
きたくなる」とよく言われ
ますがその通りです。

“腎”は冷えると弱ります。
特に腎のある腰まわりは
冷やさないように気をつ
けましょう。
2020-11-20 10:35:45

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次へ