大阪府富田林市にある漢方薬局【はな薬局】頭痛・腰痛・生理痛等の健康相談、ホメオパシーセッション、ファスティングまで、はな薬局ではお客様が『なりたい自分になる』お手伝いを、漢方相談による解決方法でご提案させていただきます

RSS

冬は足がつりやすい


冬は足のつりで困っている
という声をよく伺います。

水分摂取量の減少、毛布
※特に電気毛布など暖房
器具による乾燥が冬に足
がつりやすくなる原因で
す。

無自覚に体が乾燥してい
る為です。

漢方的に言うと“陰虚”で
す。

陰虚(血虚も)に加え寒
さによる瘀血、寒さから
のストレスによる肝気滞
などで筋肉が硬く縮みや
すくなります。

冬に足がつりやすいのは
これらのことが影響して
います。

気になる方はぜひ一度ご
相談下さいませ。
2020-11-19 11:36:43

苦いけれど重宝する 菊の花


枸杞の実のお話の時にも登
場しました「菊の花」!

なつめや枸杞の実と違って
とっても苦いです(>-<)

おやつには到底なりません。

なりませんがなかなかに助
けになるヤツなんです!

菊の花は肝熱を収めます。

「清肝明目」と言われるほ
ど眼精疲労にはもってこい
です。
もちろん枸杞の実と合わせ
るとなお良いです。

他にも頭痛、のぼせ、ほて
り、めまいなど肝熱により
おこる不調に使って頂けま
す。

苦いのでお茶にするのが摂
り入れやすいです。
氷砂糖で甘みを加えると補
陰にもなります。

2020-11-17 09:46:18

薬膳おやつ 枸杞の実


枸杞の実は杏仁豆腐にのっ
ているのでご存じの方も多
いかなと思います。

また今回で「ああ、アレか」
となった方も居ますでしょう
か?(笑)

杏仁豆腐の上に大抵は居てる
「アレ」です。

枸杞の実は肝・腎の血を補い
合う合わないのない生薬で古
来中国では“不老長寿の実”と
して重宝されていました。

現代的に言うと手軽なアンチ
エイジングですかね。

漢方的に言うと肝腎の補陰を
して肝腎陰虚に伴う症状の改
善に役立ちます。

腎は生長を司る臓ですのでア
ンチエイジングと言えるわけ
です。

棗と同様に優しい甘さでおや
つ代わりにも最適です。

日々の美容・健康維持にはも
ちろん良いですし疲れ目かす
み目などにも菊の花と合せる
とさっと目がすっきりして視
界もクリアになりますよ。
(^^)

菊の花は食べにくいのでこの
場合はお茶にするのがおすす
めです!
2020-11-16 10:22:18

冬の虚血性心疾患


虚血性心疾患は狭心症や心
筋梗塞のことです。

冬はこれら虚血性心疾患の
発作が起こりやすい季節で
す。

なぜ起こりやすいか?

寒さで瘀血を起こしやすい
上に寒さもですがあまり活
動的ではなくなることでの
ストレスが重なり気滞も合
わさることでますます詰ま
りやすくなります。

今年はコロナ自粛もありそ
の心配やストレスも気滞を
助長している上に、太った
方も多いかと思います。

食生活の変化や運動不足に
よる体重の増加は“痰”を生
みます。
痰というのは血がドロドロ
しやすい状態です。

このことも血管を詰まりや
すくします。

水分摂取の減少での陰液の
不足もまた瘀血を生みやす
くするなど、冬は血管が詰
まりやすい状態が起こりや
すいです。

発作を誘因する要素に心あ
たりのある方もそうでもな
い方もぜひ早めの対策を!
2020-11-14 10:27:57

乾燥に寒さが加わると


秋からの空気の乾燥は鼻や
喉などの粘膜、肌のバリア
機能を低下させます。

そこに冬の寒さが加わると

新陳代謝の低下やストレス
の増加が起こります。

これらは免疫力の低下にも
繋がります。

乾燥で外邪の影響に晒され
やすくなった上に寒さでの
免疫力の低下によりますま
す外邪に弱くなってしまい
ます。

乾燥、寒さに負けない体作
りをしましょう!
2020-11-13 09:58:13

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次へ