大阪府富田林市にある漢方薬局【はな薬局】頭痛・腰痛・生理痛等の健康相談、ホメオパシーセッション、ファスティングまで、はな薬局ではお客様が『なりたい自分になる』お手伝いを、漢方相談による解決方法でご提案させていただきます

RSS

津虚(しんきょ)


秋は乾燥の季節です。

夏はたくさん汗をかいたり
体に熱がこもらないように
したりで津液を消耗してい
ます。

消耗したままで秋を迎える
と燥邪の影響を大きく受け
てしまいます。

夏の終わり、秋の始まりに
はまずは津液を補い夏に受
けた熱をさましましょう。

潤いたっぷりで熱を清める
にはぶどうやなし、かきな
どの秋の果物がおすすめで
す。
2020-08-28 09:47:56

夏バテによる食欲不振


食欲がないとついそうめん
など冷たい喉を通りやすい
ものを選んでしまいがちで
すが胃腸を冷やす冷たいも
のはますます夏バテを助長
してしまいます。

胃腸は弱っているので消化
の良くないものもおすすめ
しません。

たくさんの量を食べること
もできないでしょうから、
エネルギー価の高い消化吸
収やすいものを摂りましょ
う。

とうもろこし、かぼちゃ、
じゃがいも、枝豆、とうふ
など黄色の食材がおすすめ
です。

トウモロコシや豆の皮は消
化しにくいので気をつけて
ください。

熱中症対策で水分補給は大
切ですが冷たいものを飲み
すぎたり、水分を無理にと
ると胃腸機能が低下してし
まいます。

水分はなるべく常温まで、
一度には一口二口にする
など水分摂取法にも注意
しましょう。
また食前、食事中にはあ
まり水分をとらないよう
にしましょう。
2020-08-25 09:46:09

ほてり、のぼせ


ほてる、のぼせる。

体が熱くなっておさまらな
い。
熱中症っぽくなりやすい。

“陰虚”の方はそんな不調を
おこしやすいです。

“陰”は潤す、冷ますという
役割をしています。

“陰”が不足するとクールダ
ウンがうまくできなくなり
ます。

暑い日が続きましたので“
陰”の消耗が激しかったこ
ともありこれまではうま
くできていたクールダウ
ンができなくなっている
方も多いと思います。

“陰虚”のまま乾燥の秋を
迎えると潤い不足となり
咳、皮膚炎、便秘などの
陰虚からおこる不調もお
こしやすくなります。

のぼせ、ほてり、午後か
らの体調不良、動悸など

気になる方はぜひ早めに
ご相談ください。
2020-08-24 10:10:40

処暑


8月23日は『処暑』です。

24節季の一つで暑さが和
らいでくる頃です。

もちろんまだまだ暑い日が
続きますが夕方の風が心地
よく少し秋を感じられるよ
になってきます。

日の入りも早くなってきて
いて7時を過ぎるともう暗
いのも、聞こえてくる蝉の
声が変わっていくのも少し
秋を感じさせてくれますよ
ね。
2020-08-22 09:50:30

冷えと痛み


暑い日が続き熱中症対策に
もクーラーを欠かせないで
すが冷やし過ぎには注意が
必要です。

夜もクーラーがきれると暑
くて目が覚めるという声を
よく聞きます。
つい一晩中かけっぱなしと
いうことも多いと思います。

朝起きると肩や下肢が冷た
い、体が硬くてだるい。

そんなのを繰り返している
うちに肩こりや頭痛、足首
や腰の痛みがでてきたりし
ます。

急にズキズキ痛むというこ
ともあります。

冷えによる痛みです。

冷やさずに温めましょう。

また筋肉が熱を生みます
ので運動をするのもいい
です。


2020-08-21 10:29:37

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次へ